まりりんのつれづれ日記
インコと映画と芸術と幸せにかこまれた日々♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京物語1日目
2007年11月17日 (土) 17:18 | 編集
20071117171841


13時間のフライト・・・いや地上を高速バスで進んだのち、東京へ。
妹が新宿まで迎えに来てくれました。

まず行ったのが築地!

昼食前で観光客がごったがえしてる所を縫いながら観光
築地・・・新鮮なものがたくさん入るとはおもってたけど
一番印象に残ったのは新鮮な江戸っ子に会えることだよ!

外国人観光客に
「ファット!ブートキャ~ンプ!」でマグロを紹介しようとする無理やりなお兄さん(でもうけてたしうけたw)
「はいはい~!これおいしい中落ちですよ!」
・・・といいながら自ら食べておいしさをアピールする従業員(3人)
試食させるんじゃなくて試食するっていう実演は初めてでしたよ(笑)
あとあれだ。築地内の放送で「いくらを入れ忘れたので戻ってきてください」「マグロを入れ忘れました」っていう放送がかかるのwwwどのお客さんか分からないのに。おもしろかった。


お腹を満たしたら東銀座へ。
歌舞伎をみてきました。

演目は狂言の演目を歌舞伎になおした「素襖落し」
以前人間国宝の茂山千作がしていた太郎冠者を松本幸四郎が熱演。
(しかしこれだけの有名な役者の演技を700円でみられるっていうのが幕見とは言えど庶民の演劇だなと思いました)
結構難しそうな顔のおっさんだと思ってたけどものすごくコミカルな演技をされていたのでびっくりしました。
つーか太郎冠者のかわいらしさがよく伝わってきて狂言同様にげらげら笑わせてもらいました。
ただ狂言と笑いの焦点の当て方が全然違ってそこも面白かったです。

夜は劇団四季のウィキッド!
オズの魔法使いの西の魔女がどうしてああなってしまったのかというストーリー・・・
正直、「別に・・・」でした(まりりん姉妹としては)
理由!?考えすぎなストーリー
西の魔女が悪くないというストーリーという面白い発想の脚本なのに他に悪者をつくってしまっているところ(結局オズの魔法使いと一緒じゃん)、
なんか善悪、善し悪しの感じ方をもう決められているようなかんじでちょとがっかりでした。
ミュージカルといえど舞台は観客にいろいろ感じさせる曖昧さを与えてほしいんだな!

ま、批判はここまで。
四季のトップスター濱田めぐみのあの抜群の歌唱力をたのしむものとしては最高のミュージカルだから濱田ファンは今のうちだよ!
あとフィエロ(西の魔女エルファバの恋仲)がめっちゃかっこよかった!李タオ!もう王子様やでしかし!

ま、結果としてはよかったですが説教くさかたのでもういいねって妹といいました。
こんな厳しい批評するようになったなんて目が肥えてきたなうちら(笑)

夜は広島で仲良くしてたアメリカ人とイギリス人が友人のライブハウスに連れていってくれました。
外人ばっかりでもはやまりりん姉妹はホビットでしたが、色んな話をすることができてよかたです。(いつも大勢での場で話してたし、親がいたからあまり話さなかったことも話せてよかった)
恵比寿の駅前で公衆の面前で4人でおっぱっぴーの写真をとってさよならしました(しかし外人といると心なしか目立つしいつもの1.5倍知らない人に声をかけられるな)

あとは乗り継ぎの終電のがして1時間あるいて自宅に帰りました。

すばらしいじゃろ!

明日も期待しててね!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おおばんへ
うわ~めちゃくちゃ返事遅くなってごめん!
つーかやっぱこの辺の人は誰もが『通る道』なのでしょうねwwww
2007/12/02(日) 23:46:12 | URL | まりりん #LixkKCQ6[編集]
アレか、境から多磨まで歩いたんじゃろ(笑)
経験アリです、はい。
2007/11/18(日) 10:18:21 | URL | おおばん #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。