まりりんのつれづれ日記
インコと映画と芸術と幸せにかこまれた日々♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイ旅行5日目
2007年11月11日 (日) 08:02 | 編集
さて、この旅行も大詰めを迎えます。
もう1週間もたつのにありがたいことにおみやげを配って歩くことで土産話を講演会のようにしているので思い出にならずに鮮明に覚え続けることができています。
さて、いよいよつれづれ日記にも大公開です!


さて、観光としては最終日・・・
遣り残してることもけっこうある我ら2人、午前中はバンコクの寺めぐり、午後からはサーヤムスクエアでショッピングということになりました。

タイでよく見るこの光景・・・
なぜ黄色ばかりか分かりますか?
この色は王様の色、黄色なんです。働く人はほとんど会社の制服のかわりとしてこの黄色のポロシャツかお后の誕生日が金曜日なので金曜日の色とされてる水色のポロシャツをきていました。
タイ人にとって王様とは宗教と同等の存在で尊敬の念を抱くことが文化の一部となっていました。
去年で即位60周年、今年の12月で80歳という長寿のラーマ9世・・・公務に熱心でどこへ行くにもキャノンの一眼レフを離さず、作曲をし、絵画を楽しみ、サックスを吹くといったかなりマルチな王様らしくまりりんも地球の歩き方を読みながらすっかりファンになり、買いましたよ。黄色のポロシャツ(笑)さすがに外人じゃなくてタイ人に見られてしまうのでボブと一緒の時しか着ませんでしたが(笑)

Dsc00377mini.jpg

朝の8時から乗り込んだのがワットポー!
しかし!8時半から有名なリクライニングブッダはみられず・・・30分間境内を散策・・・広すぎです。なんか小学校とか幼稚園とかお坊さんのお家とかあってかなりびびりました。
Dsc00382mini.jpg

ここはかの有名な足ツボマッサージの発祥の地。
こんな壁画も残っていました。
ここはタイで初めての大学が開かれた場所でもあるそうです。
こういう医学的なことも伝承の場となっていたようです。

Dsc00386mini.jpg

さて!いよいよリクライニングブッダです
巨大です!
見ていただければ分かりますが巨人というのはこれくらい大きい人のことをいうのでしょう。松井もびっくりなサイズです。
Dsc00388mini.jpg

足裏にはバラモン教の宇宙観が描かれているようです。この偏平足、意味があるらしくこっちでは超人の条件のひとつとされているそうです。
いやいや、偏平じゃなくてももうこのサイズで十分超人ですよ(笑)

さぁ!お次は
タイ人も一生に一度はおまいりしたいというワットプラケオです!
もっとも格式高いお寺らしく、入場の際は服装をチェックされます。タンクトップ、ミニスカート、サンダルはお払い箱です。
しかも軍人がギロリと恐ろしい目で見張られます。

Dsc00393mini.jpg

どうです!寺院見学での最高額220バーツ(約690円)を支払い内部に入ればこのきんきらきん!!
すげ~~!!
日本の寺院からは明らかにかけ離れたつくりです。
ほんまに君たち仏教か!?
金色のが仏舎利搭プラシー・ラタナー・チェディ
横の中国式な建物がプラ・モンドップ、経典などが収められているそうです。
この派手な装飾も一つ一つ意味があるそうな。

Dsc00399mini.jpg

すぐ横にこのようなものもありました。プラスワンナチェディ。
意外にもこの境内で最も古い仏塔だそうな。
ラーマ一世が両親にささげるためにつくったもので下で持ち上げているのは猿人と悪魔なのだそうな・・・・おっおつかれさまで~っす!

Dsc00405mini.jpg

時間がないのでここで寺めぐり終了。
入り口にはラーマ4世が建てたという迎賓館。
あの王様と私のラーマ4世ですよ(しかしこちらでは主人公が王様ということで上映されてないらしい)。
まぁ~♪ここで踊ったのかしら?ふふふ~☆

Dsc00412mini.jpg

ホテルもチェックアウトし、荷物を預け、空港までのシャトルバスを予約したところで、いざサーヤムスクエアに!
サーヤムってSIAMって書くの。シャムってこと?欧米人はシーヤムって発音するし・・・そうか!ここがシャム国のシャムってことか!!
バンコクを右往左往するBTS(地下鉄)の線路が上のほうですごいはばをきかせてます。
こんな風に横から線路を挟み込むようなつくりがすごくめずらしく感じました。日本はもっとコンパクトに設計するよね~!
Dsc00411mini.jpg

久しぶりに見た日本語・・・しかし「お父さん」って
とうさんがえびせんに加工されたのかと思うと目頭が熱くなりそうです。む・・・・むごい!!

Dsc00414mini.jpg

うわさのタイのドナルドです。合唱してます。熱心な仏教徒です。お前はこうもりか!!と突っ込みたいです。

ここではタイの若者の最新ファッションを楽しみ、フードコートで食事をし、食品売り場でみやげ物を買って楽しみました・・・

んが、

喧嘩をしてしまったんですよ~www相方と。
つーか原因はなんだかわけも分からずイライラしていたまりりんの態度に友達が我慢の限界がきたんですよ。

「そんなにイライラするなら別行動する?」

という言葉に「あっそうかも~!一人で色々してみたいかも~」と思いその場で解散。シャトルバスの時間までにカオサンに戻るという約束をし、即座に一人でタクシーに乗りました。
いや~ずっと誰かと行動をともにしてただけに1人ってかなり新鮮でした。もしかして1人になりたくてイライラしてたのかも。
さっそく行ったのが
Dsc00417mini.jpg

チャイナタウン!
広い!人が多い!薬局が多い!
でも物がすごく安くて帰りの飛行機でほしかったサンダルが20バーツ(約60円)で手に入ったり、みやげものがまとめ買いができたりまぁラッキーそのものでした!
女の子1人だと道に迷えば案内してくれるし、話し相手になってくれるし・・・なんか人の温かみを少し感じたチャイナタウンでした。買い物もたくさんできたしね。

さ、そうは言えどまりりんケータイも持ってないしギリギリで迷子とか嫌なので早めにカオサンに戻りカオサンで残りの買い物を楽しもう。
と思い待ち合わせの4時間前にはカオサンに・・・。うろうろしていたら欧米人向けの小さなタイマッサージ屋のお姉さんと仲良くなり、1時間ハーブマッサージをしてもらい(お会計はばっちりとられましたけどね)お茶を飲みながら話し相手をしてくれ(暇なのか?)
カオサンから少し離れたところに行けば値段がきちんと表示された良心的なみやげ物屋がみつかり、そこでまた買い物をしたりしました。

Dsc00425mini.jpg

待ち合わせの1時間前のロビー
サッカー中継がされていたので回りの客と一緒にビールを注文し、一緒にサッカーを楽しんだり流れてくる50年代のアメリカ音楽で踊ってみたり(笑)すっかり喧嘩したことを忘れて出来上がっていました。
そこに心配してフロントに尋ねたり色んなところに電話して心配してくれ、挙句の果てにはまりりんを一人行動させたことを後悔して昼からずっとお酒ばかり飲み続けた友達が登場。
まりりんの馬鹿笑いが聞こえてようやく気づいたそうな。

そしてまりりんはホテルの中心で叫ばれたのです。
「むかつくむかつくむかつく!!!」

・・・・と。
帰国後数日たってその心の動向がようやく理解できるようになりましたが当時はお酒も入っていたのであまり深く意味をうけとらず、その後スウェーデン人をシャトルバスでナンパし「あたい、イケアとか大好きなんだよね~」なんてくだらない話を聞いてもらい、横で体調がMAX悪く吐き気と戦う友達を気遣うことを怠ってしまいました。

この場を借りてお詫びを申し上げます「すまんかった」

結局空港で受付が始まるまでの間延々と説教され、怒りをぶつけられ・・・周りに意味もなく旅行客がベンチに座ってこられ、電光掲示板をみに来た外人に注目され、

かなり野次馬にたかられるほどの修羅場をむかえました。

「これが成田離婚の空気なのかな・・・」

とシミュレーションしました。

「あたしばっかりこんな我慢して!!」

と言われ「嗚呼・・・もしかしてあたしら付き合ってたのかな?」

とも思いました。

ま、でも良かったです。最後に本音がきけて。
なんか、色々言われるのはしんどかったけど、色々気づけて幸せでした。やっぱ2人旅ってことは相手への思いやりはマストだね。今後気をつけよう。
毎回珍道中なまりりんの旅行ですがこんなに激しかったのは初めてです。まぁ今までここまで自分を全面的に出したこともなかったですし。

でもこの旅を終え自分自身の答えがかなり見えてきました。

●人との繋がりが自分を生かしているということ。
●相手を知ろうとする姿勢の大切さ(理解できるかは別問題)。
●自分は思ったより図太い。結構生命力がある。
●気持ちに正直であれば結果はどうであれ全て自分が納得できる方向に行く。
●答えや救いは全て自分次第。外にはない。

などなど・・・なかなか感動的な旅となり、自信もひとまわり成長した実感がわき、満足満足な旅となりました。

Dsc00431mini.jpg

というわけで深夜遅くにグッバイバンコク!

写真は明け方の空・・・向こうに夜明けが見える景色です。

怒りをぶつけきり、体力消耗、酔いからくる乗り物酔いで真っ青になった友人と共に6時間のフライトの後、博多へ~

「じゃ、ここで」

という言葉のみでお別れしました(合掌)
なんだか色んなことがあった旅だったな~・・・と思い、今まで手放せなかったipodを一度も再生せず物思いにふけりながら広島へと帰っていったのでした

                (完)


どうでした?まりりんのタイ日記(笑)
意外だった?それとも想定の範囲内だった?
最後まで読んでくれてありがとう!!

やっぱ旅っていいよ!また行くから~!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
くーたんへ
あは♪そんな恥ずかしいわ~お母様。
いやいや、結構一般論を気にする性格だったのですが自分の正直な気持ちに気づけるお年頃になったようです。ありがたいです。

くーたんはもう大人だからうっちいへの正直な気持ちが分かるんでしょ?このこのぉ~(笑)
2007/11/24(土) 09:00:16 | URL | まりりん #LixkKCQ6[編集]
marssさんへ
わー!!marssさんも!?
やっぱりどんなに仲のいい友人でも違う人間で旅の目的が違うっていうのは予想以上に大きな障害だったなって思った!
それでもこの旅が楽しいだけじゃない旅になったことは感謝感謝なのです。
友達というフィルターを通して自分を見つめ直すことができた旅でした。
2007/11/24(土) 08:58:11 | URL | まりりん #LixkKCQ6[編集]
rainbow7さんへ
ええ。でも逆にカップルという立場だったらそれはそれで面白かったかな~・・・なんて思っちゃうまりりんです。相手が恋人なら上手に甘えられたかな~・・・なんてね。あくまで妄想ですが。
2007/11/24(土) 08:52:21 | URL | まりりん #LixkKCQ6[編集]
いい経験が出来たようだね!

まりりんてくーたんより断然若いのに、くーたんより自分を知ってるというか・・・
ま、いい子だということですよ!w

ますます、まりりんが好きになりましたw
今度会ったときにもっと色々詳しく聞かせてね!!
2007/11/12(月) 23:29:00 | URL | くーたん #-[編集]
楽しい旅行記ありがと!
タイには行ったことがないけど
人にはあたかも言ったことがあるように話せそうなくらい
臨場感タップリでした^^

人それぞれ行きたい所、やりたいことが違うからねぇ...
妥協点を見つけてお互いに腹の中で遠慮しつつ行動して。。。
まぁ、友達だから喧嘩しちゃうんだよね!
自分もまりりんチャン位の歳に友人と海外を長旅して
旅行中に仲が良かったのは最初の一週間だったよ(笑
それでも今でも仲の良い友達!
雨降って地固まるだね^^

お疲れ様でした!
2007/11/12(月) 15:42:29 | URL | marss #-[編集]
おかえりなさい
一緒に行ったのが彼氏でなくて良かったね(笑)。
2007/11/12(月) 10:44:40 | URL | rainbow7 #a2H6GHBU[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。