まりりんのつれづれ日記
インコと映画と芸術と幸せにかこまれた日々♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイ旅行4日目(アユタヤ編)
2007年11月09日 (金) 15:44 | 編集
日本の生活にだいぶ慣れてきました。
さて、今日はアユタヤのことを・・・つれづれと・・・・



毎晩のように喧嘩というか話し合いをしていた女2人・・・3時間睡眠であの有名なアユタヤーへとレッツゴーです。

じゃっかんふらふらでしたwww
Dsc00213mini.jpg

フアランポーン駅にいた僧侶。
きっと名前は水島さん(笑)こんな人がいっぱいいるかと思いきや思ったより出会わなかったです。


Dsc00214mini.jpg

さぁいよいよ汽車にのりこみます・・・が、あまりにも汚い!!窓ガラス触るだけで手が真っ黒・・・2等席がとれず3等席での出発です。席がなかったらシートを広げて座る、なぞのナショナルの大きなダンボールがあり、もたれると怒られます。
そして外国人旅行客が乗るような列車じゃないだけにすごく珍しい目でみられながら2時間・・・いい緊張感でした(笑)

Dsc00224mini.jpg

アユタヤー着いたど!しかしまずこの川をボートで渡ります。3バーツで・・・昨日バンコクに着いたという日本男子2名と遭遇。なんと実家が広島で隣町!!!アリエナス!こんなところで・・・・。
お互い旅の無事を祈りつつ船着場でバイバイをしました。

さて、いよいよです。
トゥックトゥックという三輪車をタクシーにしたような乗り物をチャーターし1人300バーツ(900円)で4時間食事時間込みでまわってもらうことに・・・。日本人の感想が書かれたカードを見せられ、みな満足したようなことが書いてあったので信じて乗車。(しかしこの手の商売は場合によっては1人1000バーツもぼったくったりするので気をつけねばいけないそうです。後から知りました。)

Dsc00230mini.jpg

まず行ったのがワット・チャイ・モンコンという仏塔。
入り口にはこんな真っ白なリクライニングブッダがお出迎え。
でかいな~!白いな~!

Dsc00233mini.jpg

アユタヤの遺跡の中でももっとも美しいと言われているそうです。ちょっとアユタヤの遺跡からは離れた場所にあります。
Dsc00237mini.jpg

境内をぐる~っと仏像が囲んでいました。どれも人間と同じくらいの大きさ(もうちょっと大きいくらい)でそれぞれ名前がついていました。
こんなにたくさん、ようけ作りんさったの~ぅ。

Dsc00246mini.jpg

何がうけたかってさ~職員のこのいでたちよ(笑)
何を鼻に差し込んでるのかと思ったら息のとおりをよくする薬でよく薬局に売られてるものらしいです。
しかし異様過ぎる。これもタイ式なんか・・・?このままふらふら歩いてました。

Dsc00249mini.jpg

トゥックトゥックです。この後本をよんでいたらなんか怖くなってしまったので一応ナンバーとかを控えておこうと思い撮った写真です(実際はとっても親切なお兄さんでした。すみません疑って)

さて、次はワット・プラ・マハータートですが
ここで、まりりんはようやくアユタヤー王朝がいかにビルマ軍から残忍な侵略をうけたかということを感じることになりました。
Dsc00250mini.jpg

立派な神殿物があるはずなのにそこには焼かれたレンガ、破壊された廃墟に草木が隙間から生えている状態のものが・・・

更に目の当たりにし、驚きを隠せなかったのがこれ
Dsc00251mini.jpg

先ほどの寺院にはあったはずの仏像の頭部・・・これはすべてビルマ軍が切り取ったのだそうです。
その行為は明らかに憎しみや自国の正義の下に行われたことなのだと感じました。広島にも確かに原爆の残骸は残るものの、ここまで人間の憎しみの心がむき出しにされた遺跡を見たのは初めてだったので言葉を失ってしまいました。

人間の恐ろしい一面を垣間見た瞬間でした。

さ、気を取り直して!まりりん!アユタヤには悲しい物ばかりがあるわけじゃないの!
だって、まりりん、アユタヤでこれが一番やりたかったんだもの!
Dsc00267mini.jpg

そう!RIDE ON ELEPHANT!

生まれて初めて象に乗りました!象さんは牛に近い匂いがしてのっしのっしと歩き、とても安定感がありました。
昔の王様は象さんに乗りほうだいだったのかと思うとうらやましく思いました。
見晴らしいいし、動物のいい匂いがするし、このゆれで気持ちよくなるしね。
像使いさんは足で耳の裏をこちょこちょさせながら操っているようでした。すげ~!テクニシャン!!

Dsc00275mini.jpg

ここはワット・プラシー・サンペットという3人の王が眠る寺です。
ここも侵略にあい、一番大きかった神殿は高さ17メートル以上破壊され面影はありませんでしたが、こちらの3基の塔はかろうじて残ってました。しかし感心するのがこれだけレンガをチマチマ積んで大きな大きな仏塔つくるなんて・・・信仰心っていうのはすごい力だな~と思いました。自分にはないもんだわ~。

Dsc00282mini.jpg

ワット・ロカヤスタという仏像。
まりりんと対比していただければ分かると思いますが、ダイナマイトにビゲストです!!
そしていつも思うのですがリクライニングしながら拝まれるなんてなんてラッキーな仏像なんだと思うんですよね~。

Dsc00294mini.jpg

白亜の仏塔ワット・プー・カオ・トーンという仏塔、一度はビルマ軍に破壊されるも再建され、このようにきれいな状態に復元されたそうな。
なんとこの寺の敷地内には牛や馬が放し飼いになっていてウ●コし放題状態でびっくりしました。
聖なる土地なのにいいのか?(笑)

Dsc00298mini.jpg

近くのお店でハンモックを買いました。こっちの人、結構ハンモックをひっかけて寝てるので気持ちよさそうなのでほしくなっちゃったんです。なんと70バーツ(210円)
お店の男の子、外国人客がめずらしくすごくアピールしてきました。仕事柄、子どもが寄ってくるとほおっておけず、しばらく一緒に遊びました。

Dsc00306mini.jpg

最後に来たのがワット・チャイワッタナーラーム。
とても大きかったです。しかし、やはりここも破壊されていました。アユタヤーの建物はほとんどビルマ軍に徹底的に破壊されたんですね。
しかし、それにしても残っているものだけでもこのスケールのでかさ!!一体もともとはどれくらい大きかったのか・・・?

ここでアユタヤは終わりです。
トゥックトゥックのお兄さん・・・途中でガソリンを足しに行ってただけなのに友人が大声で怒鳴ったりしてしまい、本当に申し訳ない気持ちでした。最後、駅でチップを払い、「コートートカー(ごめんね)コップンカー(ありがとう)」と言い仲直りをして分かれることができました。
結局疑うことも多いけど最後は分かり合えるんだということを信じたいし、日本人のことを嫌いになってほしくない・・・そういう気持ちがとてもでた瞬間でした。
ま、そんな熱い思いをよそにお兄さん
「ソンナノカンケーネー!」
と茶化してきましたがね。

さすが国民をあげてマイペンライ(気にすんな)を歌う国です。

深刻に考えすぎていたのはまりりんだけだったのでしょうか?
とにかくそんなこともマイペンライですね。

Dsc00329mini.jpg

帰りの車内では行きの緊張感も解け、向かいに座る幼い兄弟とじゃれあいながらの帰路となりました。
さんざん遊びつかれてうとうとしてきたので
「ほらほら!写真とってあげるからこっちみて笑って!」
とアクションをかけたのですが・・・もうそんな声も耳に届く状態ではなくこの直後爆睡(笑)
降りる駅になってもぐずって起きず弟を抱く母親が困っていたので抱いて起こしてホームへ見送りました。
その際母親が「コップンカー(ありがとう)」と言ってくれたことがとても嬉しかったです。

いや~いいアユタヤのたびだった。

そしてそして・・・早めにバンコクについた我々2名はナイトプランを実行するのであった・・・(後半に続く。長いのにここまで読んでくれてありがとう。伝わったかな?)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
メイザさんへ
きっと、だんな様は像使いの素質を見込まれたのでしょう。
普通はそんなデンジャラスなことありえへんよ!!

で、アユタヤですがほんと重たい気分になったわけだけど後日、き太郎君からメールが来て「きっと命令されて首を切り落とした兵士はうう~もったいね~って思ったんじゃないかな」ってメールが入っていて「そうかも・・・歴史って壮大なスケールでみてしまうけど、超個人的な立場を想像したらそうかも」なんて思ったりしました。
いや~考えの違いって面白いね。
2007/11/16(金) 17:06:57 | URL | まりりん #LixkKCQ6[編集]
エンゲージさんへ
ほんと!?そういってくれると日記を更新しがいがあるわ~。

ま、もう全部書き終わってからコメント返すかたちになっちゃったけど。
ありがとう。
2007/11/16(金) 17:03:19 | URL | まりりん #LixkKCQ6[編集]
くーたんへ
うん。
なんかこんなん自分で言うのもなんだけど
すごい成長したよ!
まま~!あたし、おっきくなったよ!

ま、身長は相変わらず150センチですが。
2007/11/16(金) 17:02:12 | URL | まりりん #LixkKCQ6[編集]
marssさんへ
ありがと~!!
返事遅くなってすみません!
しめの日記にいいこと書いてくれてたのでこっちはこのへんで
2007/11/16(金) 16:59:55 | URL | まりりん #LixkKCQ6[編集]
思い出す・・・
首を切り取られた仏像の数々。

人間というイキモノって、自己と異質なものに対してここまで残虐になれるものか・・・という事実を突きつけられる風景よね。

まさに私が感じたのとオナジ衝撃と悲しみをまりりんも受け取ったんだなぁ・・・と、ちょっと胸が熱くなりました。

でも、象さんはよかったでしょ~!?(^^)

私たち夫婦が乗った象ドライバーさんったら「こうやって耳をキックするんだ。」と身振りで教えてくれるなり手鉤をダンナに渡してひょいと降りてしまい、後半を「素人運転」させてくれました。

小走りされたときにゃ焦ったな~(笑)
2007/11/10(土) 00:47:40 | URL | メイザ #-[編集]
SUGEEEEEEEEいい天気だね

しかし読んでて面白いわ、後半も期待してます。
2007/11/09(金) 19:45:21 | URL | エンゲージ #r1y2oiqA[編集]
なんだか目頭が熱くなってきたよ・・・

14才の母は思った。
「まりりん、オトナになったのね。」
と・・・
2007/11/09(金) 18:57:35 | URL | くーたん #-[編集]
読んでる方も旅気分w
ビンビン伝わってるよ~^^

続き楽しみ~!w
2007/11/09(金) 17:48:14 | URL | marss #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。