まりりんのつれづれ日記
インコと映画と芸術と幸せにかこまれた日々♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大竹伸朗
2007年10月12日 (金) 22:01 | 編集




今日は仕事休みだったのでお母さんと
大竹伸朗展見に美術館行ってきました。

先日「情熱大陸」でみてその強烈な色彩や、作品のインパクトの強さにすご~く面白そう!って惹かれていたら、早速広島で特別展するっていうからタイミングがいい。
お母さんは「美術館?たいぎ~」とか言ってましたがね、芸術の秋ですから・・・たまには母娘で美術館っていうのもいいじゃないですか!

中身は予想通りというかかなり面白いものばかりでした。
材料や画材も色々でピンクチラシや落ち葉、古い女優のスナップ写真や蛍光灯などなど・・・この人の芸術に対する表現方法の間口の広さに驚かされましたね。
有名な写真集などに物を貼ったり、ちぎったり色をつけたりして跡形もないくらい手を加えていくスクラップシリーズも面白かったですが、特にまりりんの目に留まったのは「網膜」シリーズ。
目を閉じれば見えてくるぼんやりとした色彩、なんとなく実像が見えそうだけど何かは分からない・・・夢でみたことあるだろうけど覚えているほどのものではない・・・。といった不思議な雰囲気をもつ作品でした。なんとなくキューブリックの2001年宇宙の旅のラスト20分あたりのようなかんじですかね?
とにかく刺激的な展覧会でした。

ごちそうさまでした。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。